贅沢な時間

この記事は1分で読めます

無性に美しい文章が読みたくなって、

ひさしぶりの図書館に行ってきました。

 

真っ先に向かったのが児童文学のコーナーです。

知人の書いた本を今まで読んでいなかったということに今さらながら気づいたのです。

 

知人の言葉の使い方が好きで、その人の言葉からたくさんの影響を受けたのですが、

作品を読もうという発想に至らなかったのです。

 

美しい文章が読みたくなったときは彼女の書いたものが、

今の私にはぴったりなのではないかと思ったのです。

 

最初の一冊を手にとり、

時間を忘れて、図書館にあった彼女の本のほとんどを読み終えた頃には閉館の時間でした。

 

美しい言葉は自分を自分の中心に戻してくれる作用があるのではないかと思います。

 

たまには、こんなゆったりとした贅沢な時間を過ごすのもいいものですね。

 

  • 2018 04.13

関連記事

  1. 2018 01.18

    孤独の醍醐味

  2. 2018 02.15

    存在の確かさ

管理人:門脇のりこ

公式HPは、pleasure Labs.

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー