足の語るもの

この記事は1分で読めます

友人が独身時代に、職場でしゃがんで仕事をしていると、

初めて来訪した男性の靴が見えて、その靴を見た時に、

 

「私、この人と結婚する」

 

と思ったという人が今のご主人です。

 

私が、体を触れたり、物に触れることで、

その人の情報をキャッチするのと同じくらいに

靴を履いている人の足は、その人自身を物語ってくれます。

 

それは、まるでその人の人生を凝縮したようにみえます。

 

だから電車に乗っている時は、つい人の足をみてしまいます。

色とりどりの花があるように、

一つとして同じものはない、いろいろな貴重な人生があることを思いだします。

 

人っていいものだなぁ

と思うのです。

  • 2018 03.31

関連記事

  1. 2018 02.18

    春の訪れ

  2. 2018 02.28

    声の出し方

管理人:門脇のりこ

公式HPは、pleasure Labs.

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー