声の出し方

この記事は1分で読めます

声を体のどこから出すかによって声質が変わるということを、ヒプノ講座の生徒さんに教えていただきました。

普通は喉、つまり口から声を発します。

そう言われて気をつけて声を出すと、口から発したときの声って少しザラつく感じになります。

 

私がヒプノを誘導するときは、この声は使っていません。

 

通常の話声と、ヒプノの誘導の声とは違う声質になります。

今までは、なんとなく漠然とスイッチが切り替わるような感じだったのですが、

 

生徒さんいわく、誘導のとき私は鼻の下から声を出しているそうなのです。

 

そう言われて、意識してみると誘導の時は、

上顎(軟口蓋)をすべらせるように声を出しているのです。

そうすると音(声)がやわらかくなります。

 

喉を通って口から声を発する時は、音自体が時々シャープになりすぎるので耳障りな音も出てしまうようです。

 

体の部位に意識を向けて、いろいろなところから声を出してみると、声質が面白いほど変わるのです。

天真爛漫な声、響く声、奥深い声、天の声、喜びに満ちた声…。

 

人間の体の神秘ですね。

使う筋肉が違うので声の響き方が変わるようなのですが、今年一番の面白いお話でした。

 

  • 2018 02.28

関連記事

  1. 2018 05.08

    輝きの連鎖

管理人:門脇のりこ

公式HPは、pleasure Labs.

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

  1. 2018.10.19

    ここにあり
  2. 2018.08.22

    夏の終わりに

カテゴリー