鏡の中から

この記事は1分で読めます

鏡を用意して、まずは鏡に映ったあなたの姿を見てください。

(鏡がなければイメージしてください)

 

そして、

視点を逆にしてみます。

 

鏡の中から、鏡をみているあなたを見てください。

そんなつもりになってくださいね。

鏡の視点になります。

 

 

はじめて、鏡の中から自分を見たときは、

あまりにイケテナイ私に愕然としました。

これは、ダメな感じの人だと笑っちゃいました。

 

 

でも、こんなふうに逆の視点になるだけで、

 

第三者の視点になります。

 

なにが大切なのかがわかるようになります。

 

変な気遣いがなくなります。

 

かなりカッコいい私になります。

 

私の友人は、自分以外の人の視点になるのが大の苦手で、

人の顔色をみてしまい疲れ果てていましたが、

(人の視点になるのと人の顔色をみるのは全然ちがうことですよ)

この鏡をイメージするようになってから、

どっしりと安定し、ものごとを多角的にとらえられるようになっているようです。

 

  • 2018 02.05

関連記事

  1. 2017 07.26

    あの世のこと

  2. 2018 02.15

    存在の確かさ

  3. 2018 02.03

    いまこのとき

管理人:門脇のりこ

公式HPは、pleasure Labs.

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー