新しいことをはじめるとき2

この記事は1分で読めます

こんにちは、門脇です。

新しいことをはじめると、3日坊主で終わってしまったり、すぐに飽きてしまったり、結局もとの状態に戻ってしまったということはありませんか?

 

現状を維持しようとする力=ホメオスタシスの働きによるものです。

 

ホメオスタシス(恒常性)とは、体の働き(状態)を一定に維持するための働きです。

このホメオスタシスのおかげで、わたしたちは健康を維持できているのですが、肉体だけでなく日常でも「いつもと同じ」現状維持状態を作ろうとします。

 

脳は、不快よりも快を選び、なじみ深い状態を維持しようとします。

 

急激な変化には、元にもどそうという働きが出てしまうので、ゆっくりと変化をしていくことでホメオスタシス機能が働かず、気づいたときにはそうなっていたという状態をつくることができます。

 

まずやっていただきたいことは、「未来の素敵な自分をイメージする」ということです。

こんなふうになりたいという自分です。

 

それに向かって日々、少しずつ新しいことをはじめましょう。

 

20代の後半に友人と同居していたとき、お互いに「なりたい自分」の誘導文を作成して、原稿を相手に渡し、毎朝読み合う(誘導し合う)ということをしていたのですが、そのとき誘導してもらったことは間もなく全て叶いました。

 

未来の自分をイメージしていくと、未来の自分が近づいてくるような、未来の自分が味方になってくれているような、想像もしないような展開になるかもしれません。

 

  • 2017 04.21

関連記事

管理人:門脇のりこ

公式HPは、pleasure Labs.

最近の記事

  1. 2017.09.08

    遠隔施術2
  2. 2017.09.05

    遠隔施術
  3. 2017.08.26

    施術ベッド
  4. 2017.08.19

    すべては今に