新しいことをはじめるとき

この記事は1分で読めます

おはようございます、門脇です。

 

ヒプノ講座で教えていると、時々思い出す生徒さんの言葉があります。

 

「ヒプノは門脇さんにセッションをしてもらえばいいと思っちゃうんですよね。自分なんかテクニックを習っても下手だし、どう考えても今から門脇さんと同じにはなれないと感じるんです」

 

率直な感想だと思います。実際、そうなんですよ。(いい意味で)

同じにはできません。

テクニックということで言えば、わたしは習いはじめの人よりも上手です。

それは、わたしが、この仕事を長いこと続けてきたというだけの話なのです。

 

でも、その人じゃないと引き出せないものがあるのです。

 

これは、きっぱりと言いきれます。

 

何度も何度も、たくさんの生徒さんの練習相手になったから言いきれるのですが、いまだに未知なる領域があって、その人じゃないと引き出せない情報ってあるんです。

 

だから毎回、生徒さんとの練習は楽しみです。その人が潜在意識からどんな情報を引き出してくれるのか、みなさんいいセッションをしてくれます。

 

そこは、上手とか下手とか、そんなことはあまり関係なくて、その人が今までつちかってきたものです。テクニックを超えたものがあるんです。

 

これは、ヒプノに限ったことじゃないと思うのですが、やりたいと思うことがあるなら、「もうやっている人いるし」とか「あの人のほうが才能がある」とか、躊躇することなく進んでみたらいいんです。

 

自分の世界をどしどし作って楽しんでください。

 

 

 

 

  • 2017 04.13

関連記事

  1. 2017 07.26

    あの世のこと

  2. 2017 04.12

    本質的なもの

管理人:門脇のりこ

公式HPは、pleasure Labs.